遺品整理おもいのブログ | 協会認定の遺品整理・生前整理・特殊清掃・ゴミ屋敷片付けは兵庫の遺品整理【おもい】にお任せください。

遺品整理おもい
お見積もり365日対応
ブログ
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |
2017年01月12日 [遺品整理神戸]
大切なご家族を亡くされ、例え時間が経過しても、精神的に、とても辛い思いを経験し、遺品整理をしなければならいとわっかていても、なかなか踏み切れなご親族がおられます。
また全く音信不通のご家族が突然の訃報で(孤独死など)ご連絡があり、遺品整理をしないといけない場合も中にはあります。
こういった遺品整理が突然と訪れてきた際に、皆さんは戸惑ってしまい、どうしたら良いのかも分からず、インターネットで調べる事を先に思います。ただインターネトで検索された際に、ありふれる程の遺品整理業者がいます。

実際にどの業者に依頼すべきかなかなか分かりません。

1.まずインターネットで気になっている遺品整理業者にお電話で話をきき、無料お見積りの依頼をして下さい。検索ケーワードはなるべくお住まいの地域名などを入れた方は良い。例えば:遺品整理兵庫 遺品整理神戸 など
2.1社に依頼するのではなく2〜3社までがお勧めします。
3.見積もり当日にご要望をしっかりと遺品整理業者に話す。雑な対応であれば、同様遺品整理も雑になってしまう為、候補から除外しましょう。
4.見積もり時、担当者の態度や実際の作業内容、範囲などもしっかりと把握、また遺品整理の費用、などを考慮し遺品整理依頼する業者を決めましょう。

間取りや遺品の状況、下記金額内で収まらない事もあります。(例)ゴミ屋敷、孤独死、殺人現場など

1K:30,000円〜120000円         1DK:40000円〜150,000円       1LDK・2DK:50,000円〜240,000円
2LDK・3DK:120000円〜380,000円  3LDK・4DK:180000円〜550,000円  4LDK・5DK:250,000円〜650,000円

残念ながら遺品整理費用は明確な料金を○○万円とお伝えできません。なぜならば部屋の間取り、遺品の量、距離、作業人数、作業時間などにより個々異なっています、料金も大きく異なることがあるからです。
遺品整理業者では無料お見積りがほとんどんです、上記内容を参考に、遺品整理業者に見積もり依頼してみてください。




2016年12月15日 [遺品整理神戸]
遺品整理という言葉は現在社会ではよく耳にする事があるかと思います。
実際に遺品整理はなにをするのか・・・なかなか詳しい事まで存じない方が多くおられます。遺品整理は一緒に一度経験するか、ないかのどちらかになります。いざ必要の時にどこから情報を得るんでしょうか。恐らく大半の遺族は「インターネット」でお知りになられています。むろん、現在社会ではインターネト社会であり、便利になってきています。
今、「遺品整理」は様々で、便利屋でやられれいることも少なくありません。またきちんと許可などを取得し、しっかりと「遺品整理」を専業にされている業者も少なくありません。

遺品整理を依頼する際に皆さんは何を基準に選んでいるんでしょうか?
許認可・料金・拠点・お客様の声・見積もり時のスタッフの対応・様々な事が挙げられます。どれも間違いではありません。遺族の方にとって大切な遺品を依頼するわけなので、しっかりとした遺品整理のプロにお願いするのが望まれています。

遺品整理はとても大変な作業で、ご自身でされている遺族も中にいます。悲しみの中、遺品を整理するのはとても「つらい」とおもいます。
プロの遺品整理業者に依頼する事で、ご遺族様の気持ちもしっかりと整理がつくのではないでしょうか。

遺品整理おもいは女性の代表者で、「相談しにくい事でも」女性だからできるんです。
遺品整理は女性目線でしっかりとご遺族様に信頼・安心頂けるサービスを提供します。
遺品整理のことなら、何でも「遺品整理おもい」にご相談下さい。

遺品整理・生前整理・特殊清掃


フリーダイヤル:0120-994-730


2016年11月25日 [遺品整理神戸]
遺品整理とは

近年「遺品整理」という言葉をよく耳にする事が多いと思います。しかし「遺品整理」の具体的な内容をご存知ない方が多くおられます。
突然、家族の方がお亡くなりになってからすぐ「遺品整理」を考えなければならないのですが....なかなか難しい事です。

遺品整理とは、「遺品処理」「遺品処分」「遺品回収」などがあります。「遺品」というのは、遺産の中でも不動産など物品全般を指すものです、「遺品整理」となると、故人が生前に使用していた生活雑貨・衣類・家電製品などの方がより想像しやすいのかもしれません。
故人の遺品を遺族で分け合うことを「形見分け」と呼びます、故人が借りていた借家や賃貸アパートなどは故人が亡くなった後、すぐに管理者に明け渡さなければならない、法事後、直ちに遺品整理にとりかからなければならないことも少なくありません。
また、日記/手紙/手帳/預金通帳などは、2年程必要になってくることもある為、きちんと保管をしておく事が大切です。

遺族の方は悲しみ間もなく...次から次へと、しなければならな事がたくさんありすぎて、じっくり考えることもありません。突然のでき事で【慌ててインターネットで遺品整理】をお調べして依頼する方が多くいます。皆さんは「遺品整理」を選ぶ際に何を基準に選んでいるんでしょうか?

「遺品整理選びの基準」以下の例が挙げられています。
1.お客様の声
2.価格
3.距離
4.サービス内容
5.許認可など
6.ホームページに載せてる業者の顔写真

遺品整理をご自身でするのは、とても大変あ作業になります。故人が生前に使用していた生活雑貨・衣類・家電製品・多数のコレクターなど、結構の量があります。なかなか作業が思うように進める事が出来ないのが現状です。遺品の中には「買取の出来る品もたくさん入っています」。プロの「遺品整理」専門業者に依頼する事をお勧めします。
遺品整理はプロの「おもい」にご相談下さい。特殊清掃は24時間対応!!
フリーダイヤル:0120-994-730まで  相談・現地見積もり無料






| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |

PageTop