遺品整理神戸 - 遺品整理おもいのブログ|兵庫県の遺品整理士認定協会認定、生前整理・遺品整理おもいにお任せください。

遺品整理おもい
お見積もり365日対応
2017年10月06日 [遺品整理神戸]
  お早うございます。夏が過ぎ、いよいよ秋と季節が変わり、近頃、雨の日が続きます。気温も下がりつつ、体調が崩れやすい気候となってきております。
2017年の夏も多くの孤独死に直面し、ご遺族様や家主の方から依頼をうけました。毎年、孤独死は減ることなく、増える一方です。特に夏場が一番多い状況です。様々な孤独死に直面してきました。人間だれしも老いていくと身の回りの世話が出来ない状況の中、また病気などにより孤独死される方が一番多い。

  孤独死現場は悲惨な状況、部屋全体が散らかり、捨てるものも、捨てる事が出来ずに貯めこんでしまう、いわゆるゴミ屋敷状態が多い、こういったケースは老齢者もしくは認知症の方が多いです。
  
  若い方の中でも、孤独死される方が増えてきています。病気などによる事が多い。発見される際には一ヶ月以上の方もおられます。
今年の夏も、多くの孤独死現場の清掃を実施しました。ほとんどのご遺族様は日常、古人様と連絡をしておらず、隣近所が姿が見えない、または異臭する事に気づき、警察に連絡した際に発覚。このような事は毎日のように何処かで起きています。

  遺品整理という言葉は近頃よく耳にしますが”特殊清掃”をご存知の方は少ないと思います。特殊清掃は孤独死される現場を対応する事の出来る資格のあるプロの業者です。一般の業者では出来ません。
現場には様々な状況を予測し専門の特殊清掃士と消毒、消臭作業から実施します。現場に入る際に感染される恐れもある為、慎重に作業を進めなければなりません。
  遺品整理はもちろん、特殊清掃などでお困りの際に、ご相談してはいかがでしょうか。神戸、兵庫全地域対応いたします。



  



2017年08月28日 [遺品整理神戸]
  お早うございます。神戸市内で遺品整理を必要な方へ
古人様がお亡くなりになられた際に色々と大変なところがあります、法的手続きから葬式まで結構な費用もかかります。また、悲しみに暮れる暇もなく、何から何までやらなければならない事がたくさんあります。

  遺品整理「おもい」ではそんなご遺族の方のご負担をほんの少しでもやわらげれる事が出来るように神戸市にサービスを提供しております。
ご自身で整理する事をご考えな、ご遺族も少なくはありませんが、ただなかなか出来ないのが現実です。【時間がない、人手も足りない、トラックの手配が必要】様々な事情でプロの遺品整理業者に依頼するのが一番です。

  遺品整理業者もボランティアではありません。人件費、処分費、運搬費、消毒、消臭、などの費用がかかります。遺品整理業界の相場も様々で、決まった金額はありません。
その為、高額請求やトラブルもあります。その中からご依頼者様が目を光らせて良い遺品整理業者を選ぶ事が大切な事です、相お見積りを依頼し、中から選別するのが良いでしょう。お見積りに必要な時間はおよそ20〜30分程度、2〜3社に依頼すると良いでしょう。

  ご遺族だけで古人様の遺品整理をするのも一つの方法です、ただ、思い出の品などを見てなかなか作業が進まないのが現実です。費用面ではプロの遺品整理業者より安くなるのは事実です。

  遺品整理おもいは神戸市を主に活動しております。経験豊富なスタッフが在籍、また女性の代表者がお見積りから作業完了まで全て対応いたします。

「おもい」では価格はもちろん、スピートも重視しています。神戸市内なら即日対応致します。神戸市で遺品整理をお考えのご遺族様一度お問合せしてみてはいかがでしょうか。

  遺品整理おもいは、お客様の声や各地の遺品整理事例も常時更新しております。ご利用をお考えのご遺族様、一度、遺品整理事例などを見て判断の基準としてはいかがでしょうか。ご遺族の方にほんの少しでも安心、信頼して頂く為に、様々な事例を更新し続けていきたいと思います。 

2017年08月21日 [遺品整理神戸]
  先日孤独死の作業依頼を受けました。お亡くなりになられた古人様は、実家を3年前に継ぎ、一人暮らしをはじめ、隣、近所ともコミュニケーションが少なかったようです。炊事などもされてなく、普段よく近くの居酒屋さんやお好み焼き屋さんを訪れていました、足が悪かったようで、外出時の移動もほとんどタクシー使われていました。
  近所の方から1〜2週あたり、古人様の姿が見えなくなり、また匂いもする事で、警察に通報されたそうです。
その後、案の定、部屋のトイレでお亡くなりになられた古人様を警察の方が発見されました。

  高齢者の独り暮らしに関わらず、若い世代の独り暮らしも、一歩間違えれば、孤独死になる事がただあります。孤独死にならない為には、やはりご家族の方と頻繁に連絡を取る事、また周囲の方々や会社、近所の住民ともコミュニケーションが取れる事が大切だと思います。万が一の時に、近くの方が一日でも早く発見する事が出来ます。

  現在社会では「孤独死」が問題となっています。高齢化社会が進み、また核家族がも増え、地域離れする住民の方、孤独化でコミュニケーションが出来なくなっているのが現実社会に出てきています。今では孤独死が非常に多い時代となり、特に私達の特殊清掃業者が関わりするお仕事の為、年々増えているのをつくづく実感しました。

  孤独死は自分自身とかけ離れていると思われている方も少なくありませんが、私たちのように特殊清掃をしていく上で感じるのは、誰しも隣り合わせの危険にあるように思えて仕方がありません。

  




PageTop